金利が高ければ、総支払金額が高くなります。当然ですが、ローンをする際に金利(ローンの利息)は、一番大事といっても過言ではありません。
また金利は、融資金額が大きければ低くなったり、支払い実績が多ければ低くなったりします。反面、低利息のローンは審査が長かったり、厳しかったりします。
当ページでは実質年率の下限が安い順にランキングしました。


<低金利は共通する大事なポイント>
カードローンやキャッシングを利用する際、限度額・信頼性・返済方法・返済期間も大事ですが、金利が安い点は全員に共通する大事なポイントとなります。もし金利が高ければ借り入れ金額に上乗せされ、元金が大きかったり、返済が長期になったりするほど、負担金額は大きくなってしまいます


<低金利ローンの仕組み>
ローン会社はお金を貸すために、資金を調達する必要があります。つまり調達コストが低ければ、貸出も低金利を実現することができます。つまり銀行から貸付資金を調達する消費者金融は、一般的にコストが高くなる傾向にあります。つまり、銀行カードローンの方が、低金利の傾向となります。


 

―順位― ―ローン会社― ―上限金額― ―実質年率―
1位 三菱東京UFJ銀行
【バンクイック】
500万円 4.60%~14.60%
2位 アコム
【カードローン】
500万円 4.70%~18.00%
3位 モビット
【カードローン】
800万円 3.00%~18.00%
4位 楽天銀行
【スーパーローン】
500万円 4.90%~14.50%